*

ラジオ体操の説明がわからない方は、図解をご覧になって下さい。

健康のためや運動前の準備体操として行われているラジオ体操ですが、実はダイエット効果もあることを知り、詳しく調べてみたところ、ふくらはぎの引き締め効果がある動きを発見しました。

それは、ラジオ体操第一の第二の動き「腕をふって足を曲げ伸ばす運動」です。

ご存知の通り(そして文字通り)、両腕を横に振りながら足を曲げ伸ばす動きのことですが、実は学校では習わなかった正しい動きというものがあるのです。

それは、「腕を振り戻して交差しながら、かかとを上げ下ろしをする」というものです。

文章で説明されてもちんぷんかんぷんかもしれませんが、要するに、腕を横に振っているときに、地面に固定しているかかとを上げて、ぐんと伸ばすのです。

この動きのコツとしては、「足の屈伸とかかとの上げ下ろしを十分に行い、足の関節や筋肉を和らげるようにする」とのことです。

つま先立ちにはふくらはぎのシェイプ効果があると言われていますが、こちらも似たようなもので、実際にやってみると結構キツイです。

乾燥肌について

 



コメントする